引き受け体操

目覚めのときのつぶやき

目覚めた瞬間に、

  • 今日もいい日だありがとう。(眉間のチャクラ)
  • ピンチがチャンス引き受けます。(頭頂チャクラ)

と、二つの言葉をつぶやきます。

そのあとに、
『今、新しい命のとき頂きましたことをありがとうございます。今日の目覚めより明日の目覚め思い出すときまで人類、世界、地球の不調和の闇(光の影)を私、家族ともども引き受けます。そして引き受けて引き戻した光を人類、世界、地球に出し続けます。』
と、心の中で一分間ほど合掌、瞑想してから一日の人生をスタートしましょう

大切なポイント

  • 私と家族が、いつでも全国全世界の引き受ける皆様方ともどもといつでも繋がっている事をイメージしてください。
  • 左手で闇を引き受け右手で光を出します。
  • ご本人の左手で不調和の闇(光の影)を引き受け、右手で引き戻した光を出します。
    そして、パタパタと鼻から息を吐きながら(出来る限り)体操をします。
  • 引き受けて体操を出来ない時でも心の中で左手右手を合掌していると思ってください。

 

引き受け元気体操

  • 皆様方の「心」の中に身長(7~8㎝位の自身)が正面を向いて立っている姿をイメージ(想像)します。
  • ご自身の左手を右脳から左足下に不調和な闇を引き受けますと念じて左手を下げます。(左手の平は手前に向ける)
  • 次に右手より左脳から右足下に光を出しますと念じて右手を下げます。(右手の平は外側に向ける)
  • ご自身の左手の平は対面にいる人類・世界・地球・太陽・銀河宇宙の不調和な闇の右手の平と繋ぎ、「闇を引き受けます」と念じます。
  • 次に右手の平は対面にいる人類、世界、地球・太陽・銀河宇宙の左手の平と繋ぎ、「光を出します」と念じます。
  • (1)両手の平をご自身の頭頂に上げる。

    (2)両手の平に「引き受け元氣ボール」が、あることを想像(イメージ)しながら、腹式で息を長く吐きながら、両足裏まで両手を下げる。

    (3)今度は、腹式で息を速く吸いながら両手の手の頭頂まで上げ、息を吐きながら天に「引き受け元氣ボール」を吹き上げる。

    (4)そのまま(引き続き)息を吐きながら、(2)と(3)の繰り返しをします。
    ※イスや車、就寝のときは、両手の平を想像(イメージ)で出来ます。呼吸の仕方は同じ要領で行います。ただし、腹式呼吸は口より鼻で行います。

  • 貴方(皆様)が、人、動植物、宅地、建物、会社、車など「ひと、もの、こと」の代表として「引き受け」人類、世界、地域、太陽銀河を「元氣」にする想像(イメージ)で実践して見てください。