調心

[medialist:24 limitcnt:* theme:*]
  Title Description Size User Updated
調心

光ことば(ポジティブ)意識コントロール


日常生活においては、光ことばと光イメージを使ってください。
日ごろ使う言葉は非常に重要です。たとえば睡眠不足のときは「私は2~3時間寝れば十分です」と想って4時間以上寝ます。そうすると、脳には「2~3時間で十分なのだ」とセットされます。そこにプラスアルファの睡眠が入るのですから、脳は「十分なうえにも十分な睡眠時間を取ることができた」と思い込むわけです。
同じように、体調のことで心配な点や、不安に陥りやすい人は「光ことば」と「光イメージ」を使って、健康で明るい人生を作っていきましょう。
また、以下の光ことばを使うとチャクラが活性化されるので、試してみてください。この順番につぶやくことで、氣が下から上に上昇し、身体中がエネルギーで満たされます。



「好きにはなれませんが、これ以上は嫌いません」(尾骨のチャクラ)
「いのちはひとつ、世界はひとつ」(下腹部のチャクラ
「不安でいい怖くていい、でもこれ以上、不安、恐怖には落としません」(みぞおちのチャクラ)
「今日もいい日だ、有り難うございます」(胸のチャクラ)
「私も愛呆、みんなも愛呆、それでいいのだ」(のどのチャクラ)
「ごめんね、有り難う、愛しています」(脳幹のチャクラ)
「ピンチをチャンスへ、引き受けます」(頭頂のチャクラ)
「天地宇宙よ、私たちをお使いください」(天のチャクラ)
いつつぶやいてもかまいません。気が付いたときにつぶやいてみましょう。
ただし、光ことばですから、「シャカシャカ」しないでください。


闇ことば(ネガティブ)意識コントロール


他人を責めてはいけない、怒ってはいけない、愚痴はよくない、他人を疑ったり悪口も良くない・・・…。皆様もそうだと思いますが、私も両親や学校の先生からこんなことを言われて育ちました。しかし、ついつい他人を責めてしまい、言い訳をしながらも同時にそんな自分を責め、自他不信に陥ったこともありました。

そして、結婚したある日、私は妻の罵倒を受けました。

そのとき、罵倒する妻に対して「好きにはなれませんが、これ以上は嫌いません」と不規則正しい不思議な言葉が自分の内側(心)から飛び出したのです。我ながら「究極の光ことば」だと思います。

それ以来、私は妻のことを「罵倒観音様」と呼んでいます。皆様のまわりにも「怒り観音」「嘘つき天使」「愚痴観音」「傲慢天使」「言い訳観音」などがいませんか?(笑)

さあ、他に類を見ない究極の運命光転のスタートです!

前章で述べた「瞬間意識クリーニング」「なるほどキャッチボール」「しこたま意識クリーニング」の3つで、人生のピンチをチャンスに変えることができます。


 
21 KB admivywe 2017-08-12 17:46
Jump to: 
Sort by: